Automotive AI SDK

表情・感情認識AI開発ライブラリ for mobility

thumb02

 

快適な運転環境を構築し安全性を向上するためには、ドライバーだけでなく同乗者の感情や反応をリアルタイムで把握することが不可欠です。Automotive AI SDK は、車内に設置したカメラを利用して感情データや属性情報などを収集し、それらを基にリアルタイムで乗員の感情を分析することを可能とした最先端の車内センシングAIです。世界最大級のデータベース及びディープラーニングにより精度を向上させたデータを使用したAffectiva社独自のアルゴリズムにより、分析は全てローカル環境で行うことが可能です。

感情AI開発キット「Automotive AI SDK」を活用して、貴社製品やサービスにAutomotive AIを搭載すれば、次世代のドライバーモニタリングシステムの構築、快適な自動運転車両の開発、同乗者の反応に応じた全く新しい乗車体験の提供などを実現できます。

こんな方にオススメ

  • ✔︎ 車載向けシステムに感情認識AIを組み込みたい
  • ✔︎ 屋外での利用を検討している
  • ✔︎ 車内にカメラを設置し、ドライバーや同乗者の感情分析を行いたい
  • ✔︎ 自社製品やサービスに感情認識AIを組み込みたい
  • ✔︎ 感情認識AIを使ったアプリ開発をしたい

特徴

◎表情分析
・カメラの映像(RGB/近赤外線)からの顔の位置を検出・追跡
・顔画像をピクセルレベルに分割し、表情及び感情を分析
 
◎眠気分析
・KSS(Karolinska Sleepiness Scale)を活用し、4段階で眠気レベルを検出
 
◎分析指標
分析指標はAutomotive  AIのバージョンにより異なるため、ご利用用途に合わせてご相談させていただきます。
※詳細は営業担当にお問い合わせください。
 
◎「Automotive  AI SDK」の構成
・DMS(Driver Monitioring System):ドライバーの感情や眠気のレベルを検出し、頭部の角度からよそ見運転を計測
カメラの映像(RGB/近赤外線)からの顔の位置を検出・追跡
・ICS(In-Cabin Sensing):乗員(複数)の感情や年齢層、ムード、顔認証による個人識別、頭部の角度等の検出が可能
 
◎顔検知後は上下左右40度までトラッキングが可能
 
◎屋外利用の際の逆光や暗闇でも運転者の表情を正しく検知
 

ライセンス

トライアルライセンス

料金(税別)

無償

備考

60日間有効

開発者ライセンス

料金(税別)

600万円/年

備考

年間契約

5デバイスまでインストール可

商用年間ライセンス

料金(税別)

ご利用用途に合わせて御見積

基本仕様

Automotive AI SDK DMS ICS(乗員向け)

OS

Ubuntu 16、または18

カメラ

RGB ※2020年にはNIR対応予定
(オーバーヘッドカメラには200万画素を推奨)

Automotive AI SDK DMS ICS(ドライバー向け)

OS

Ubuntu 16、または18

カメラ

NIR(ステアリングコラムには200万画素を推奨)
affectiva_よくある質問
banner_cac

詳しいご相談はこちらから