心sensor for Communication

Web会議のコミュニケーションを円滑化するソフトウェア

 

AdobeStock_353014709

 

logo@2x

 

急速に普及が進むWeb会議。「心sensor for Communication」は、Web会議における様々なコミュニケーション上の課題を 解決するソフトウェアです。画像認識 AIを利用してユーザーの感情・表情、ジェスチャー、顔の向きを認識し、その状態を反映し たアバターを仮想カメラを通じて既存のWeb会議ツールに表示します。 アバターを介することで、カメラをONにすることに抵抗がある方のWeb会議参加へのハードルを下げることができ、また、会議 で発言しない、またはマイクをOFFにしている参加者の感情や反応も、ジェスチャー認識および感情認識により把握できます。さ らに、認識した結果はサーバー上に集約されるため、会議参加者全体の雰囲気や傾向を把握・分析することも可能です。

「心sensor for Communication」は、Web会議のコミュニケーションの円滑化をサポートするだけでなく、開催者が参加者の反応 データを取得できることから、オンラインでの研修や授業、オンラインライブ鑑賞、オンラインスポーツ観戦など、さまざまな分野 のオンライン配信でご活用いただけます。

こんな方にオススメ

  • ✔︎ Web会議やセミナーで相手の表情や反応が分からず、話しにくいと感じている方
  • ✔︎ Web会議やセミナーで全体の雰囲気や状況を把握したい方
  • ✔︎ Web会議等で会話に間が空いたり、コミュニケーションが滞る方
  • ✔︎ オンラインセミナーやオンライン授業で全体のリアクションなど可視化したい方
  • ✔︎ Web会議等でビデオをONにすることに抵抗がある方

特徴

◎会議参加者の反応や感情を読み取りアバターに反映 感情認識AI「Affdex」により会議

会議参加者の反応や感情を読み取りアバターに反映 感情認識AIAffdex」により会議参加者の反応や感情を読み取り、アバターや背景色に反映しWeb会議画面に 表示します。

・「笑顔」「注目」「うなずき」「リアクション」等の反応を認識。

・「怒り」「喜び」「悲しみ」「驚き」「軽蔑」「嫌悪」「恐怖」の感情を認識。

※認識する反応や感情は将来変更となる場合があります

※アバターではなく、実際の顔を表示しながら反応や感情を表示することも可能です

 
◎会議参加者のジェスチャーを読み取りアイコン表示 シーエーシーが独自開発した「ジェスチャー認識AI」により参加者のジェスチャーを読み取ります

・「挙手」「OKサイン」「サムアップ」等のジェスチャーを認識し、アイコン表示します。
・画面に向かって立てた指の本数(1本~4本)を認識します。
※ 認識するジェスチャーおよびアイコンは将来変更となる場合があります

 
◎ビューアー画面により会議参加者全員の状態を可視化

・「ライブサマリー」タブでは、参加者の反応を時系列データとして確認できます。

・「ジェスチャー」タブでは、現在誰がどのジェスチャーを実施しているか、およびそれらの集計結果を確認で きます。

・「メンバー」タブでは、各会議参加者が状態別に色分けされてリアルタイムで一覧表示されます。

基本仕様

会議参加者に事前にソフトウェアをインストールしていただき、Web会議ツールと一緒に立ち上げてご利用いただきます。インストール可能なPCの仕様は下記となります。

OS Windows 8.1/10 64bit(×64)  
プロセッサ 2コア 1.6GHz以上のCoreプロセッサ  
実行環境 Microsoft .Net Framework4.6.2以上、Microsoft Visual C++ 2015、2017および2019ランタイム (32bitおよび64bit)  
メモリ 2GB 以上  
ディスプレイ HD(1280×720)以上  
ディスク容量 500MB以上の空き容量  
カメラ (*1)

解像度QVGA(320×240)以上、10fps以上

*1:カメラの機種によってはご利用いただけない場合がございます

機能と画面イメージ

sensor for Communicationのアプリケーション画面は、上部の「メイン画面」および下部の「ビューアー画面」で構成されています。

◉メイン画面

図1

認識した参加者の状態をアバターに反映し、Web会議ツールに表示
・各参加者本人の感情や表情、顔向き、ジェスチャーを画像認識AIで認識し、その情報をアバターや背景色に反映
・メイン画面と同じアバターや背景をZoom、Teams、WebEXなど既存のWeb会議ツールに表示

◉ビューアー画面

スクリーンショット 2020-09-28 17.11.50

 

参加者全員の状態を可視化
・同じ会議参加者の状態を認識したデータはクラウド上で随時集計され、参加者のビューアーへ表示される
・講演会の講師は、ビューアー画面を見ることで、自身の講演を参加者がどういった様子で聞いているかを把握でき、参加者は他の参加者の様子がわかることで、オフラインに近い感覚で聴講することが可能
・Zoom Webinarなど参加者がWeb会議ツール上でカメラを利用しない場合でも、ビューアーは利用可能
・3種類の目的別のビューアー画面を提供:ライブサマリー、ジェスチャ集計、メンバー別表示

affectiva_よくある質問
banner_cac

詳しいご相談はこちらから