心sensor for Training

表情トレーニングアプリ

mv@2x

 

logo@2x

 

「心sensor for Training」は、カメラを搭載したPCやタブレット端末上で利用できる表情トレーニングアプリです。

Affectiva社が開発した感情認識AI「Affdex」を使用してCACが独自開発したアプリで、カメラが捉えた応対練習中の表情筋の動きを感情認識AIが解析し、どのような印象を与える表情であったかを採点・評価します。ネットワークに接続することなくいつでもどこでも、トレーニングの実施と、実施結果の確認を行えます。
トレーニング用コンテンツを再生しながら、顧客への商材の説明や提案といった、より実践的な応対練習を行うことができます。トレーニングデータが蓄積されるため、過去複数回の結果比較により、上達の度合いが実感できます。「心sensor for Training」は、個人のコミュニケーションスキルの向上に役立つだけでなく、社内研修での活用や、定期的なトレーニング利用により、組織全体の対人コミュニケーションスキルの底上げにつながります。

こんな方にオススメ

  • ✔︎ 社員のコミュニケーションスキルをあげたい
  • ✔︎ 社内研修のプログラムを探している
  • ✔︎ 営業部門のスキルアップしたい
  • ✔︎ 表情トレーニングのアプリを探している
  • ✔︎ コミュニケーションスキルを可視化したい

特徴

◎コンテンツ登録

コンテンツはパート毎に時間や目標とする指標などを設定することができます。

 
◎トレーニング

・ネットワーク不要でいつでもどこでも、トレーニングの実施と、実施結果の確認を行えます。
・トレーニング用コンテンツを再生しながら、トレーニングを行います。
・ 採点の為の表情分析は、PCやタブレット端末に搭載されているカメラを通じて、リアルタイムで行われます。

 
◎結果確認

・感情認識AIをベースとしたCAC独自の指標(「笑顔で」、「真剣に」など)を用いて評価を行います。
・評価は、シーンごとに適した表情指標を表出できているか、話すスピードや説明の時間の長さなど複数の評価軸で総合的に行います。
・トレーニング結果はグラフや数値で視覚的に利用者へフィードバックされ、AIが改善ポイントなどのアドバイスを提示します。

 
◎結果の比較

・ トレーニングの回数を重ねるとトレーニング結果が蓄積され、各回の内容を振り返るだけではなく、成長度や変化の推移を比較して確認する事が可能です。
・コンテンツ内のパート毎の結果の詳細を確認することもできます。
・同じコンテンツでトレーニングをした場合、他者との結果比較も可能です。

 

◎サマリーサポート(カスタマイズ対応)

・マネジメント層向けにトレーニング状況サマリーレポートを提供します。
・各端末でのトレーニング結果をサーバ側に集約することで、チームメンバーのトレーニング実施状況や評価結果の履歴を確認することができます。

分析指標

表情値 笑顔、ポジティブ、お詫び、真剣
・総合得点は表情、頭の動き、話速、時間で得点化
・AIによる改善に向けたアドバイス

 

基本仕様

OS Windows 8.1/10 64bit(x64)  
プロセッサ 2コア 2GHz以上  
実行環境 4GB 以上  
メモリ Microsoft .NET framework 4.6以上、Microsoft Visual C++ 2017 ランタイム  
ディスプレイ HD(1280×720)以上  
USPポート USB2.0以上(Type-A)x 1ポート  ※認証用ドングルで使用  
コンテンツサイズ

1ファイル最大100MB

カメラ

解像度QVGA(320×240)以上

 

製品イメージ

「心sensor for Training」の練習画面
「心sensor for Training」の結果画面
「心sensor for Training」の結果比較画面
KS4Tスマホイメージ-1
affectiva_よくある質問
banner_cac

詳しいご相談はこちらから