心sensor

リアルタイム録画機能付きの表情・感情分析アプリ

mv@2x

 

caseDetail_img012

 

「心sensor」は動画やリアルタイム映像から感情や表情を分析できるローカルベースの感情分析アプリです。分析結果はビューア画面や数値で表した感情データログならびに分析結果サマリーレポートで確認できます。Affectiva社により開発された感情認識AI「Affdex」を使用しており、膨大な人間の表情データをもとに、表情データからどのような感情なのかをディープラーニングによって分析します。34のフェイスポイントの動きから21種類の表情、7種類の感情、2種類の特殊指標(Valence[肯定的表情・否定的表情] / Engagement[表情の豊かさ])を計測します。「心sensor」をご利用頂ければ、企業が既にお持ちの動画データやリアルタイム映像から手軽に感情分析を行い、新たな資産価値を生み出すことができます。

こんな方にオススメ

  • ✔︎ 手軽に、すぐに感情分析をしてみたい
  • ✔︎ 開発できるメンバーがいない
  • ✔︎ データ解析できるメンバーがいる
  • ✔︎ 分析結果のログデータが欲しい
  • ✔︎ 感情分析したい動画を持っている

特徴

◎ネットワーク接続のないローカル環境でのスタンドアローン実行が可能
 
◎世界最大級の顔画像データベースとFACS理論をもとに感情を分析
 
◎あらかじめ撮影した動画をPCに保存し、後から一括分析が可能
 
◎グラフ表示のビューア機能、サマリー情報のGUI・レポート出力、およびCSV 形式のログ出力が可能

分析指標

感情値

喜び、怒り、驚き、恐怖、嫌悪、軽蔑、悲しみ、Valence(肯定的表情 / 否定的表情)、Engagement(表情の豊かさや活性度)

表情値

注意、眉を下げる、眉の外側を上げる、頬を上げる、顎を上げる、えくぼを作る、目を閉じる、目を見開く、眉の内側を上げる、顎を下げ唇を開く、瞼を緊張させる、唇両端を下げる、唇を押さえつける、唇をすぼめる、唇両端を横に引っ張る、唇を吸い込む、口を開ける、鼻に皺をよせる、笑顔、作り笑い、上唇を上げる

頭部位置

上下、左右、傾き(ピッチ、ヨー、ロール)

 

基本仕様

OS Windows 8.1/10 64bit(x64)  
プロセッサ 2コア 2GHz以上  
実行環境 Microsoft .NET framework 4.6以上、Microsoft Visual C++ 2017 ランタイム  
メモリ 4GB以上  
ディスプレイ HD(1280×720)以上  
USPポート USB2.0以上(Type-A)x 1ポート  ※認証用ドングルで使用  
カメラ

解像度QVGA(320×240)以上

 

製品イメージ

service_img_movieAnalysis01
service_img_movieAnalysis02
心sensor出力1_チャート
心sensor出力2_ログデータ
affectiva_よくある質問
banner_cac

詳しいご相談はこちらから